消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

女優

田村英里子の現在 結婚しない理由 ハリウッド女優でさんまとは共演NG?

投稿日:

田村英里子さんの現在について

田村英里子さんといえば、デビュー当時はアイドル歌手として活動していましたが、徐々に活動を女優業にシフトし、ハリウッド映画や海外ドラマに出演するなど、再び注目されるようになります。どちらかというと日本のファンの多くはアイドル時代の田村英里子に惹かれた方が多いかもしれません。

ここ最近は彼女の活動が耳に入ってきませんが、一体何をされているのでしょうか。

田村英里子の現在

ハリウッド映画に出演されていた2009年には会社を所有するなど、実業家としても活動されています。

また2019年の5月に「6年ぶりに近況報告」という見出しでフラッシュの記事になっていました。これを6年ぶりのテレビ出演と勘違いする方も多かったようですが、2016年に因縁のある明石家さんまさんとも共演していますので、あくまで自分の近況を語ったのが6年ぶりという意味です。

アメリカのロードアイランド州ニューポートから、現在はカリフォルニア州ロサンゼルスの隣にあるプラヤビスタに移住し、仕事とは少し距離を置いて生活しているようです。以下田村英里子さんの発言。

「2010年に、ロサンゼルスから隣街へ引っ越しました。ハリウッドの大きな作品が3つ続いて、少し息切れしてしまったんです。ゆっくりしたい、休もうと決めました」

「夢が現実になった後に、モチベーションをなくしてしまったんです。『REAPER』シーズン2(米人気テレビドラマ)の撮影を終えた後、ヨークシャーテリアのティファニーと出会いました。 LAから車で3時間ほどの海辺の街、自然に恵まれたニューポートへ引っ越して、『ティ子』が中心の生活が始まりました。ティ子は体が弱くて、ご飯は全部私が手作りしています」

ハリウッド映画に良い役で出演するという夢をかなえたたため、燃え尽き症候群に陥っているのかもしれません。

彼女は日本でもアイドルになるという夢を叶え、アメリカでもハリウッド女優として成功を収めました。1回でも夢を実現できる人は少ないので、ピークアウトするのは仕方のない事かもしれません。

↑ プラヤビスタの街並み。アメリカはスターでもパパラッチ以外はプライベートを尊重してくれるようなので、落ち着いた暮らしをしているものと思われます。まだまだ美人で英語もできて実績もある貴重な日本人女優なので、やる気次第で再び映画やドラマで活躍する時が来ると思います。

 

ドラゴンボールエボリューションの失敗

大作映画「ドラゴンボールエボリューション」の大コケは彼女のキャリアに影を落としてしまいました。

これは監督や作品が酷いだけで、田村英里子さんは全く悪くないのですが、そう簡単にこの規模の映画で役を得る事はできません。この映画の質が高ければ、次のキャリアに繋がっていた可能性はあったはずです。

あの鳥山明先生も愕然としていたようです。まあ大コケといっても製作費は一応回収できていますが、評価自体は散々なもので、当然次回作の制作予定なども立ち消えになっています。

更にはこの映画の脚本家は、

「ドラゴンボール・エボリューションは私にとって、とても大きな汚点となりました。脚本家として携わった作品が世界中で罵られるのは辛い。世界中から苦情のメールが届いて心が折れそうです。私は何年も批判から気を逸らそうとしましたが、脚本を書いたのは私です。ファンの皆さんをガッカリさせてしまった責任は他でもない自分にあります。最善を尽くしましたが、結局この映画を失墜させてしまいました。私はドラゴンボールのファンではなかったのに、支払われる大金に目がくらんでしまいました。情熱も無いのに取り組んでも、良い作品どころか時には薄っぺらなゴミが出来てしまうことを学びました。もし自分が愛し期待していた作品がガッカリなものになったら、どんな気持ちか私にも分かります。全てのドラゴンボール・ファンの皆さん、心からお詫び致します」

とお詫びとみせかけて、つまらない脚本をかいたのはやる気がなかっただけだからというような言い訳までしています。ヤイ役で出演していた田村英里子さんは、このドラゴンボール以降、ハリウッド映画には出演されていません。まあ役や映画を選べる立場ではなかったので、そこまでの後悔はないかもしれません。

 

明石家さんまとの因縁

日本の芸能界では明石家さんまと共演NGというウワサがほとんど定説になっていました。その原因となったのが、さんまのまんまでの共演等です。

明石家さんまに持参したクリームブリュレを「これ美味しくて食べたらやめられなくなっちゃう」とオススメしたものの、明石家さんまが「やめられる」と笑いに走ったため、真面目で純粋だった田村英里子さんが番組中に泣き出してしまう事態に。

これ以外にもさんまさん司会の番組で、自分のCDをわざと落とされて泣いたりと、いくつか冗談半分の番組内のやりとりが共演NGとして広まってしまったのが真実のようです。明石家さんまさんも筋は通す方なので、裏では自腹で落としたCDを購入していたりと、本当の共演NGにはなっておらず、2016年には久しぶりに共演しています。

CDを落として2度目の涙となったのは、1992年の明石家電視台での収録でした。正直いってこんなことで泣くのかというレベルですが、ハリウッドで役を掴むぐらいですから、今は精神的に強くなっていると思います。背も高く大人っぽい雰囲気の美人というイメージだったので、この若い頃の涙もろさは少し意外でした。

 

結婚しない理由は豊橋の事件?

これだけ美人でスタイルも良い彼女ですが、46歳となった現在も結婚されていません。それどころか彼氏がいたという情報すら少なくとも公にはなっていので、ファンやマスコミは結婚しない理由について想像を掻き立てられていました。彼女が散々な目にあった豊橋の事件もその1つです。

1995年、田村英里子さんが25歳の時に、仕事で宿泊していたホテルで就寝中に目を覚ますと、合鍵を使って不法侵入したホテルの従業員が、部屋にポツンと立っているという恐ろしい目にあっています。男を視認した田村英里子さんはが叫び声をあげても男は無視。しかし再び田村英里子さんが叫ぶと逃走していったそうです。

この事件の直後に予定してたライブイベントで、田村英里子さんが泣き出してしまいイベントは中止。仕事もしばらくの間休んでしたため、そのショックの大きさから、「侵入した従業員に何かされたのではないか‥」「そのショックで結婚しないのではないか」と言うファンも中にはいるようです。

そういえば岡田奈々さんも似たような事件があって、似たようなことを言われていました。しかし田村英里子さんは明石家さんまの番組でもすぐに泣いていましたし、若い頃は元々精神的に弱いところがある女性でした。

田村英里子さんは後に、

「あの時、触られてもいないのに大騒ぎになってしまって、ほんとにビックリしました」

とも語っているので、豊橋のホテル侵入事件は結婚しない理由ではないと思います。ハリウッド映画に出るために単身渡米するような女性ですので、結婚や家庭よりは仕事や夢を優先したため、結婚していないだけなのかなという気がします。

日本でもアメリカでも間違いなく男性からモテているはずなので、そのうちフラっと会社の社長やイケメン俳優などと結婚されても不思議ではありません。しばらくの充電期間を経て、再び第一線で活躍する田村英里子さんに期待しています。










-女優

Copyright© その後の現在 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.