消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

実業家

堀江貴文の現在 youtube成功理由 収入と資産と炎上 ホリエモンを解剖

投稿日:

ホリエモンこと堀江貴文さんの現在について

堀江貴文さんといえば、フジテレビ買収失敗からの2006年の逮捕劇がとにかくセンセーショナルで、それまではビートたけしや松本人志といったお笑い芸人がメディアの寵児であったのですが、突如この実業家が若者を引き付け時代の中心に。若者の意識が新たなフェーズに突入する大きなきっかけを作っていました。今の日本人の経済、強いては人生観に大きな影響を与えた堀江貴文さんの現在について紹介します。

堀江貴文の現在

現在の堀江貴文さんといえば、スマホ、youtube、会員制オンラインサロン、炎上、宇宙ロケット、ツイッター、これらのイメージが強いです。

ツイッターはフォロワー数300万にも驚きですが、ツイート数も驚愕の25万件、リツイートも含めるととても過去の発言まで掘り下げるのが難しいレベルで大量に発信を続けています。そしてここ最近はyoutueチャンネルも軌道にのりユーチューバーとしても活動しています。

ユーチューバーホリエモンの成功理由は

現在80万人近くの登録者数を誇る大手ユーチューバーとして成功しています。

先見の明がある堀江貴文さん、実は2009年にはyoutubeチャンネルを開設しています。しかしながらチャンネル開設当初は現在のスタイルはまだ確立されておらず、再生回数も数千回程度の動画も少なくない状況でした。というかユーチューバーとしてブレイクしたのは割と最近のことです。

10年前の動画。動画の内容もホリエモンの挙動もまだ堅さがあります。

こちらは2019年5月というかなり最近の動画ですが、再生回数は6万回程度に落ち着いています。イヤホンレビュー企画ですが、恐らく今後このような企画はもうないんじゃないですかね。

というのも視聴者がホリエモンに求めていたのは、こんなヒカキン的なことではなく、経済や世相を、実業家のホリエモンならではの視点で痛快に斬ることで、この頃ぐらいまではまだその需要にホリエモンが気付いていなかった感があります。

偶然か狙ってか、くら寿司や孫正義に対する分析や、度重なる炎上でバズりを継続させ、そこの需要に気付いたホリエモンは「炎上上等で経済と世相を斬る」現在のスタイルを確立、ついには買収騒動で日本の経済界をかき回していた頃の発信力を取り戻すレベルに至っています。

 

youtubeで成功した理由

ホリエモンがユーチューバーとして成功できた理由は、元々あった知名度、それによる潜在的な需要、そこにすぐに気付くことができる嗅覚、そして当然ながら広い分野に対する造詣の深さとしゃべりのうまさ、この辺かなと分析しています。良くも悪くもイメージは元々良くないので、炎上を恐れる必要がないのも強みの一つです。

(個人でのチャンネル以外にも「NewsPicks」のyoutube動画に出演していましたが、現在となってはそちらに出演するメリットはほとんど無くなってしまいました。)

一人でしゃべっている動画はかなり面白いです。専門的なことだけではなく、孫正義のことをかなり評価しているな、楽天三木谷社長のことは嫌いなんだな、とゴシップ的な楽しみ方もできます。

 

過去の炎上歴

堀江貴文さんといえば炎上の代名詞でもあります。ツイッターやインスタ、そしてyoutube動画で歯に衣着せぬ発言を続けその辺のタレントであれば燃え尽きそうな炎上を何度か見せてくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#美味しくないわけがない #wagyumafia #wagyu #ozakibeef #seaurchin #ウニと和牛の最高のマリアージュ

Takafumi Horie (堀江貴文、 #ホリエモン)(@takapon_jp)がシェアした投稿 -

まず有名なのはお肉騒動です。インスタで大好きな和牛の画像を投稿した際、

『野菜食べてますか?』

とコメントが寄せられ、これに対しブチぎれていたことがあります。以下ホリエモンのコメント。

「ホントクソな質問だよな。お前死んだ方がいいよ。肉の写真をアップしてるのはインスタで和牛を広めたいからってんの見てわからない? お前クソ? そもそもふつうに野菜は好きだからたくさん食べてるけどインスタでそれをアップしてもクソの役にも立たねーだろ。

それを野菜とかを子供の頃嫌いだっただろうお前みたいなやつらに邪智されたくないね。おれは美味しい野菜を子供の頃からたくさん食べててむしろ肉より野菜の方が好きだった。それは食ってた肉がまずかったからだ。それを良薬口に苦し的な文脈で野菜を食べた方が健康ですよって上からマウントでクソコメント送るなボケ。二度と来るな」

さすがに野菜が地雷とは想定外だった人がほとんどでした。

ここ最近ですと、沢尻エリカ逮捕を安倍首相の桜を見る会問題を目くらましするための陰謀論とする、一部リベラル派の発言に対する強い反論も賛否を呼んでいます。

鳩山由紀夫の発言に反論。言葉使いはともかく内容には共感している方も多かったです。

ラサール石井にも異論を述べていました。堀江貴文の政治思想は分かりませんが、過去に実質的に自民党から選挙に出馬したことや、安倍内閣へのスタンスを見るに、保守的な方なのかもしれません。(といっても自分の利益こそ全ての方なので、状況が変わればリベラルになるでしょう)

陰謀論については動画で悪魔の証明を引き合いに出し、理論的に否定していました。

個人的には野菜は分かりませんが、ここ最近の過激な表現は故意だろうなと思っています。相乗効果となってyoutubeなどでの集客に繋がるので、現代的なSNSの集客モデルを実行している感があります。

ちなみにインスタはお肉の発信が多いです。赤身なら毎日食べても問題ないがホリエモンの持論です。「冗談とかじゃなく俺は死なない」的な発言も最近あったので、割と本気で不老不死に対する取り組みも行っているかもしれません。

 

現在の収入が凄い

この人は本当に金を稼ぐ才能に長けています。

以前は株取引によるマネーゲームで大金を稼ぎ、現在はコネと知名度、知識を生かした有料メルマガや会員制オンラインサロン、youtubeでやはり大金を稼いでいます。

有料メルマガだけで年収1億円以上、書籍の発行による印税が年収数千万円、それに加えて80万人規模のyoutubeチャンネルで、彼は時間と予算を使わない動画で再生数を稼げますので、こちらでも年収1億円は稼げるようになっているでしょう。

更にスマホで行っているという裏方としての仕事もありますから、現在の年収は3億円以上あると見ています。資産に関しては200億円分ほどの所有株は裁判後の賠償金などで吐き出したという話もありますので、かなり未知数です。賢い方なので海外に隠し財産がある可能性もありますが、当時検察が威信をかけて彼を絞っていたので、資産に関しては大部分を持っていかれたかもしれません。

とはいえ年収数億円です。宇宙ロケットに投資したり、本田のプライベートジェットを購入したりと悠々自適の生活を送っておられます。

プライベートジェットの推定価格は5億4000万円です。国内線用ですが楽しそうにホリエモンは搭乗していました。ちなみにこれは複数人で共同所有しています。

 

テレビ出演が減った理由

ネットで地位を確立したのでテレビに出る必要がなくなったんでしょうね。

バズる前はテレビに出て顔を売っていましたが、今となっては拘束時間の少ないyoutubeで発信する方が効率的になってしまいました。特にホリエモンは時間を何より大切な資源といっていた方なので尚更です。

過去にライブドア野口英昭さんが不振な死を遂げたため、社会から忘れられるとホリエモンも危ないのでは、そのためにテレビに出ているのではという都市伝説じみたウワサもありましたが、個人的にその線はないのかなと思います。

 

岡田斗司夫との対談が面白い

二人ともしゃべりが達者で面白かったです。

岡田斗司夫さんがホストなので若干ホリエモンを立てていましたね。皆がホリエモンみたいに自分の利益だけを追求するようになったら社会は成り立たないのでは?という岡田斗司夫のツッコミに、そんなことはないとホリエモンが反論していたのが印象に残りました。

 

松本人志への反論

時折ダウンダウンDXに出るなどしてその時には大人しくしている印象でしたが、つい先日の松本人志の発言に対しては反論していました。

今より厳罰化すれば薬物犯罪は減るという松本人志のワイドナショーでのコメントに、浅薄だとして異論を述べています。

これについてはツイッターで多く賛同を得ていました。松本人志さんはホリエモンよりも発信力を持つ数少ない有名人の一人だからか、いつもよりは控えめな噛みつきでした。

 

フジテレビ買収騒動

最後はフジテレビ買収騒動について。ここ最近の動画で少しだけ買収劇の失敗について振り返っています。

孫泰蔵(そんたいぞう)という孫正義の弟と、久留米大学附設高等学校と中学校で同級生だったことを明かし、更に孫正義も実はテレビ局(テレビ朝日)を買収しようとしていた事実も語っていました。

そこで自分と違ったのは孫正義には野性の感が働き、テレビ朝日の株を購入した時と同じ価格で売ることで危機を回避、自分には野性の感が足りなかったと珍しく自分の過ちを認めています。

「出る杭は打たれる」という日本社会の洗礼に気付いて危機を脱した孫正義と、現在のホリエモンの違いがそこにあったようです。この失敗はいかにも正論厨の堀江貴文さんらしいですね。もう少し視野を広げれば、今頃は経済界で三木谷社長ぐらいのポジションになっていた気もしますのでそこは少し残念です。といっても十分な収入と影響力をもっていることには違いありません。これからの堀江貴文さんの行動に注目です。










-実業家

Copyright© その後の現在 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.