消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

女優

清水富美加の現在 引退と復帰、幸福の科学での結婚と歴代彼氏

更新日:

清水富美加の現在について

女優を休業していた彼女ですが、既に復帰して本日から主演映画まで公開されます。(制作は幸福の科学、製作総指揮は大川隆法)

年齢は現在24歳なのでまだまだピチピチでかわいいルックスは健在。

メディア作品では直近の清水富美加さん。

事情があって一般的な番組に出ることはなくなってしまったのが惜しいですね。本来ならばゴールデンタイムや大作映画で主演を張るような素材ですが、後述する出家騒動でかなり特殊な芸能活動の道を歩まれています。

 

歴代彼氏

KANA-BOONというバンドの飯田祐馬さんとの交際は有名です。しかしこれは飯田祐馬が結婚の事実を隠して交際したため、結果的に不倫となってしましました。

飯田祐馬さん。お世辞にもイケメンとはいえませんが、才能あるバンドマンというのはモテるんでしょうね。ちなみにこの不倫騒動は、清水富美加の暴露本の発売時に報道されました。宣伝だったのか邪魔するためだったのか、何かしらの力が働いたのかもしれません。

飯田祐馬も清水富美加クラスの女性とお付き合いすることは過去にも未来にもないでしょうから、不倫というリスクを抱えても交際に踏み切ったんでしょうね。これは男なら仕方がない選択でした。

ガリガリガリクソンというお笑い芸人とも交際報道がありましたが、そちらは友人止まりだったようです。

しかしその友人関係も、ガリガリガリクソンの「清水富美加はタバコを吸っていた」という謎の暴露によって現在は破綻しています。もしかするとガリガリガリクソンが狙っていて振られた過去があり、ちょっとした逆恨みの感情があったのかもしれません。

ちなみにガリガリガリクソンと知り合ったのは、「にじいろジーン」という関西のテレビ番組です。

こちらの番組も出家騒動で降板することに。番組関係者は裏で色々言っていたでしょうね。最後は後ろ足で砂をかける形で出演番組や出演作に迷惑をかけてしまいました。

 

幸福の科学との関係

超売れっ子だった彼女ですが、幸福の科学という宗教にのめりこみ、2017年の2月に芸能事務所ではなく、幸福の科学のための活動に専念することが明らかになりました。それに伴い名前も清水富美加から「千眼美子(せんげん よしこ)」に改名。

こちらの動画の中で、自身が「千眼美子」と命名されたことについて、照れ臭そうに笑いながら語っていました。

芸能活動をしていた時の事務所はあの『レプロエンタテイメント』です。同じくレプロに所属していた能年玲奈も独立時に、本名にも拘らず能年玲奈の名前を使用禁止にされたので、清水富美加にとってこの「千眼美子」の名前は一石二鳥のありがたみがあったことでしょう。

しかし能年玲奈が執拗に独立後の活動を邪魔されたのに対して、清水富美加はびっくりするぐらい放置されていました。彼女の背後にある幸福の科学という宗教法人の後光はこういう所でも役にたったんだと思います。

 

なんで幸福の科学を信仰したのか

元々彼女の両親や姉妹など一家で幸福の科学には入信していました。

しかし両親が離婚し一家離散。母や姉妹との交流は続いたものの、清水富美加だけが父親と生活することになります。父親は会社経営者でしたが借金で破産するなど、割と複雑な家庭環境でしたので、そういう時に救ってくれたのが幸福の科学の教えだったのかもしれません。

創価学会など芸能界に太いパイプを持つ宗教もあるため、軽い気持ちで入信する芸能人も多い中、清水富美加は、良くも悪くもピュアで正真正銘の信者でした。

 

清水富美加プロフィール

本名・・清水富美加

法名・・千眼美子

生年月日・・1994年12月2日(24歳)

身長・・162cm

血液型・・A型

所属事務所・・レプロエンタテイメント⇒ARI Production

兄弟・・姉二人

代表作・・NHK朝ドラ「まれ」、仮面ライダーシリーズの城島ユウキ役

東京都出身の都会っ子です。中学2年生の頃に、レプロエンタテイメントのマネージャーにスカウトされて芸能界入りし、またたくまにスター街道を駆け上がりました。

マネージャーはさすがの眼力でしたが、彼女の信仰心は想定の範囲外だったようです。今後芸能事務所はスカウトしたり売り出す前に、宗教関係も調べる必要があるかもしれません。

 

暴露本の内容が壮絶

「全部、言っちゃうね。」という暴露本で芸能界の仕事について苦悩を吐露されていました。

宗教団体「幸福の科学」への出家宣言で揺れる女優、清水富美加(22)が17日に告白本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を緊急発売した。「遺書を書くような思いで、この本に全託しました」とつづっている。

著者名は法名の「千眼美子(せんげん・よしこ)」。清水の自筆による「まえがき」で「現在進行中のお仕事での共演者さんやスタッフさんには、この身、千切れる思いでいっぱいです」と謝罪した。出家のきっかけについては、《いつ死んでもおかしくないのが普通だと思っていた私に(中略)「それはおかしいよ」と言ってくれたのが、幸福の科学のAさんでした》と説明した。

グラビアの仕事に関しては、《こんなこと言ってもいいのかわからないですけど、水着の仕事って言ったって、おかずですよね。露出の多い水着を着て、ベッドに転がされたり、極端に寄って撮られたりとかして…》《なんとか笑顔で元気にがんばってましたけど、いざ、握手会とか人前に行ったら、手がぬるぬるしてるおじさんとかに、すっごい気持ち悪い握手のされ方をする。「この見知らぬおじさんが私の写真やDVDを観て家で何してるんだろう」》と思いを記した。

また、給料については《2014年の途中までは月5万円だったと思います》《その年(2016年)から、年収1千万円は確かにいただいていましたが、マネージャーさんは「去年の純粋な売り上げ見込みは1億円以上は稼いでると思うよ」と言っていました》と赤裸々につづった。

「あとがき」も自筆で、《死にかかっていたところを助けて下さったのは幸福の科学の皆様、そして人は永遠の生命を生きているという教えでした》。そして《ぜひまた、次は、千眼美子として皆様にお会いできることを心より願っております》として、今後、表舞台に登場することを示唆している。

握手会はどのアイドルも嫌がっているように、かなりハードな仕事のようですね。手がぬるぬるしたおじさんは嫌がられるので、せめて清潔にしていきましょう。(まあ敢えてぬるぬるさせている方もいるのでしょうが)

本来ならば暴露本を出版した芸能人は干される運命にありますが、彼女の場合独立騒動で既に干されていましたし、幸福の科学の傘の下という芸能界の闇の力の影響範囲外で活動しているので、暴露本の出版の後にも映画の主演を務めることができました。

 

大川宏洋との結婚騒動

実は幸福の科学の総裁である大川隆法は、息子と清水富美加を結婚させる考えがあったようです。

長男の長男大川宏洋氏が結婚の件について暴露していました。清水富美加がレプロエンタテイメントを辞める以前に結婚の話があり、結婚に向けて話は進んでいたと語っています。

大川宏洋がこの縁談を断った理由として、清水富美加は映画の撮影中スタッフの陰口をいうなど裏表が激しく信用できない。更に教団の経典『悪霊撃退の祈り』を清水が読んでないことも大川宏洋には印象が良くなかったようです。

一方清水富美加は結婚について理想があるようで

「赤い糸への憧れ、めちゃくちゃあります!」と大きな笑顔。「最近、周囲で結婚をする友だちが増えてきて。結婚の話題になることが多くて…。結婚する相手ということは、運命の相手ですよね。運命の人にいつ会えるんだろう?と想像するのが大好きで。劇中の風花と“運命の人”の関係性も、ロマンチックですよね!前世も恋人だったのかな、来世も恋人になれるかなと思える人に出会えるなんて、すごく憧れる。『やっと見つけた』って言いたい!ああ、酸欠になってきた!」と顔をあおぐなど、乙女心が止まらない。

「仕事に熱い人がいいですね。仕事に使命感を持っている人を見ると、『かっこいいな、支えたいな』という気持ちになるんだと思う」とタイプを明かし、「いままでは、一目惚れがほとんどなんですよ。運命の人…早く会いたいですね!」

と2019年のインタビューで答えていました。

 

直近の清水富美加

主演映画『さらば青春、されど青春。』についてのインタビュー動画がありました。(冒頭で紹介した映画とは別作品です。どちらも幸福の科学出資ですが、かなり積極的に活動しています)

映画と違って素が出ているのですが、宗教家特有の変な雰囲気を感じさせます。一時洗脳されていた飯星景子さんも似たようなしゃべり方だった気がします。

飯星景子の場合はご家族が洗脳から解放していましたが、彼女の場合家族も信仰してますからね。(まあ洗脳という決めつけは良くないですが)。当面は幸福の科学との密接な関係は切れることはないでしょう。

見た目もそうですし、女優としてはとても有能で才能に溢れた方なので幸福の科学出資もいいですが、そのうちまたスケールの大きな映画やドラマでの活躍を期待したいですね。










-女優

Copyright© その後の現在 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.