消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

お笑い芸人

加藤茶の現在 嫁綾菜はご飯殺人を否定、志村けんと不仲の理由

投稿日:

加藤茶の現在の現在について

加藤茶さんといえばドリフターズの元メンバーです。志村けんと二人でオチを担当して1970年代に黎明期のテレビ業界を圧巻していました。8時だよ全員集合での最高視聴率は50%を記録するなど(瞬間最高ではありません)、今では考えられない景気のいい時代を代表するような素晴らしいお笑い芸人でした。(喜劇役者と言った方がしっくりきます)

そんな超一流の芸人加藤茶は現在どうされているのでしょうか。

嫁「綾菜」との本当の仲

ここ最近の加藤茶さんといえば、45歳年下の嫁さんである綾菜さんの存在でしょうか。

はっきりいって綾菜さんの評判と言えば、結婚当初は「金目当て」「どうせ浮気してる」と言われ放題でしたが、ここ最近は風向きが変わってきています。

ここ最近「5時に夢中」という番組に出演した際も、好感度がうなぎのぼりでした。

綾菜さんもタレントなので、ブログやインスタをやっているのですが、そこで晩御飯を画像をアップロードすると、「(脂っこい)トンカツを食べさせて加藤茶を殺そうとしている」などと心無いことをかなり言われていたようです。

これについてはまだ結婚したばかりで、加藤茶を喜ばせようとしていたらしく、実は加藤茶にゾッコンであることを番組で明かしていました。

他にも

「キックボクシングをやろうと思っていて」

とも言っていました。これも加藤茶をキックして殺そうとしているわけではなく、年をとって加藤茶に万が一のことがあったときのために自分が何かしなくてはいけないという、嫁としての責任感から思いのほかしっかりとした考えがあることが明らかになっていました。

ネットでも好感度上昇中

『今まで疑ってごめん』

『もう、加藤茶が幸せならいいと思う。
何年も離婚してないで一緒にいるだけで いいと思う。』

『この前、鶴瓶さんの番組にカトちゃんが出演していて本当に幸せなんだと思った。年齢差は他人が気にすること。私の友達も20歳年下の男性(当時大学生)と結婚したけど旦那さん、しっかり仕事もしていて10年経ってまだ幸せに暮らしてます。 』

見た目が派手な美人女性なので、先入観からか叩かれることも多かった彼女ですが、献身的な行動や加藤茶とのラブラブぶりで徐々に好感度が上がってきています。

彼女のインスタも見てきたのですが、

このように加藤茶のことが好きなんだろうなあという発信がいくつもありまいた。(半分ぐらいは若い同年代との友達との交流でしたが、ほとんどは女性達でした)

45歳もの年の婚ということで、一般人には色々と共感できないこともありますが、そもそも加藤茶が望んだ結婚なんですよね。なんだかんだ幸せそうですし、夫婦セットでバラエティに出ているので多少のイジりは仕方ないと思いますがお二人が幸せそうならば、周りがとやかく口を出す事でもない気がします。

流出画像の真相

加藤茶が若者に囲まれている画像についても言及されていました。

これのことですかねw

確かに加藤茶が心配になってしまいます。しかしこれは実は綾菜さんの弟とカラテカ入江が親しかったため、その入江の誕生日に行ったらこんなことになってしまったそうです。

この時は加藤茶の身が心配されましたが、全くそんな必要ありませんでした。

 

前妻との離婚後の関係

実は加藤茶は綾菜と結婚する前の奥さんも18歳年下と既に羨ましい状況でした。彼女との披露宴はバラエティ番組で放送され、30%以上の高視聴率をたたき出します。陣内智則と藤原紀香みたいなやつですね。

そして2003年に熟年離婚。加藤茶は決して不倫や綾菜と結婚したいから離婚したわけではありません。

加藤茶の凄いところは、2006年に大動脈解離で倒れた際に、その離婚した元嫁さんが看病したということです。事情はあるのかもしれませんが、不仲だったり加藤茶が嫌な男ならこんなこと絶対にできないはずです。

そんなモテ男だからこそ45歳年下の嫁さんをゲットできたんじゃないでしょうか。決してお金だけではないと思います。

 

志村けんとの不仲説

なぜ志村けんとの不仲説が囁かれているかというと、決定的になったのは綾菜さんとの結婚式に志村けんさんが出席しなかったからですかね。

更には志村けんは当初ドリフターズで付き人だったんですが、メンバーだった荒井注が脱退した後にその後釜として急遽ドリフターズに加入します。そしてあっという間に人気者になり、ドリフターズで一番の人気者だった加藤茶の人気を押し退ける格好となったのです。

それ故加藤茶の嫉妬などを理由として不仲説は昔からありました。

この時の状況については、ダウンタウンとの対談で言及されています。

志村けんへの嫉妬心

ハゲズラかぶってますが、割と真剣な話ですw

志村けんの突き上げっぷりについては、「複雑だった」「同等に笑いをとるやつが出てきたこいつには負けてしまうと思った」と当時の心境を語っています。

しかし「ドリフターズとしては良い事」と考えを変えて気持ちを切り替えたそうです。あとは志村けんとも一緒に飲みに行ったりするなどプライベートの交流もあったりしたようなので、多少のライバル心はあったものの不仲では全くありませんでした。

結婚式に不参加だったのは・・・志村けんさんは忙しいですし、一度結婚式は出ているので無理して出席しなかったんじゃないですかね。

「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」という番組も一緒にやっていたぐらいだし、嫉妬心を超えた絆があると思います。

現在の関係は良好

www

この年齢までこんなふざけたことやるなんて最高だと思います。こちらは加藤茶さんのブログ (https://ameblo.jp/katochanpe-blog/entry-12387691908.html)からの引用。志村けんと共演したと喜びをブログにて述べておられました。面白いのでオススメのブログです。

 

現在の収入

現在地上波でのレギュラー番組はありませんが、綾菜さんとセットで頻繁にゲスト出演していますし、あとは営業での収入は非常に大きいはずです。

こちらは福岡のボートレース場での営業でしょうか。

パチンコ営業は締め付けで厳しくなりましたが、加藤茶レベルの知名度があればいくらでも需要はあります。テレビが一番活気があったころの大スターですし、この手のイベントでその辺のサラリーマンの何倍も稼ぎはあるはずです。

 

若い頃の加藤茶

普通にイケメンでした。今でこそイケメンのお笑い芸人は珍しくないですが、当時はかなり珍しいタイプだったんじゃないでしょうか。当然モテまくったと思います。

遊びに使うお金

当時の加藤茶さんは、ラスベガスで累計1億円使ったり、銀座で飲み代として2000万円使ったりと、40年前の物価からするととんでもないお金を遊びに使っていました。

(そんな加藤茶でも、勝新太郎と会うと朝まで返してくれないため見つからないようにしていたそうですw)

 

絶頂期の年収

そんな遊びができたのも、絶頂期にとんでもない年収があったからです。

これはダウンタウンDXに出演された際、ギャラ事情について暴露されていました。

「忙しい年は1本1800万円の営業が年間70~80本あった」

「ギャラは5等分じゃなくて、長さん(いかりや長介)がほとんど持ってった」

とのこと。

つまりこれだけで14億円です。全員集合は16年間続きましたので、現在レートで換算すると、とても今のテレビ業界では考えられない収入になります。

これ以外にも仕事は多くありましたので、本当に良い時代を生きた方だと思います。

 

加藤茶やドリフターズの人気が衰えた理由

これはもう明確で、ビートたけしと明石家さんまなどの台頭です。

「俺たちひょうきん族」は全員集合の裏番組でしたし、ビートたけしは全員集合の作りこまれたコントのアンチテーゼとしてひょうきん族を世に送り出していました。

(ただし結果的に全員集合は終わりますが、ひょうきん族もその後すぐに終わってしまいます。今見ると全員集合の方が全然見やすいです)

代表的なこの番組に象徴されるように、テレビの世界が徐々にアドリブ芸を必要としたものに変移していったので、喜劇人だった志村けんや加藤茶はしばらく低迷期に入る事になります。

(しかし彼らの仲は良好だったようで、島田紳助などは加藤茶と定期的に飲みに行っているエピソードを紹介していました。)

しかし彼らは愛すべきキャラクターで徐々に人気を取り戻し、関東芸人の重鎮として、長きにわたってテレビの世界で存在感を発揮し続けています。現在76歳ですが無理のない範囲でいいので、お茶の間に姿を見せて欲しいですね。以上加藤茶さんの現在についてでした。










-お笑い芸人

Copyright© その後の現在 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.