消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

海外

ユーリヤ・ティモシェンコの現在 ウクライナの美人すぎる女性大統領の今

投稿日:

ユーリヤ・ティモシェンコ氏の現在について

ユーリヤ・ティモシェンコさんといえば、美人すぎる女性大統領として日本だけでなく欧州でも好意的に受け入れられていました。しかし2011年に汚職行為で逮捕。その後は便りが聞こえてきませんが、現在その自慢のルックスと政治家としての立場はどのようになっているのでしょうか。

若い頃が美人すぎるユーリヤ・ティモシェンコ

若いといっても政治家になったのは30代半ばになってからです。政治家転身前も実業家としてウクライナ国内で随一の資産を築くまで成功しているので、その愛くるしいルックスとは裏腹に中身は強気でイケイケの性格なのでしょう。ちなみに政治家になった36歳の頃にウクライナ語を習得しており、それまでは出生の旧ソビエト連邦で公用語となっていたロシア語で生活されていました。

すっぴん画像

ちなみにすっぴんはこちら。派手さは無くなりますがかわいいです。

 

現在も美人だった

現在58歳ですがロシア系の美人は劣化が早いとの格言は何のその、今でも美人ぶりは健在でした。

2014年時点のユーリヤ・ティモシェンコ氏。ちょうど釈放された頃です。

2018年の画像。ややふくよかになっていますが健康そうで何よりです。薄いブルーのジャケットはお気に入りなのでしょうか。

2019年近影。ウクライナ大統領への返り咲きを狙っていましたが、大統領選の第一回投票で3位だったため決戦投票に進むことができませんでした。1月時点では支持率トップとの報道もありましたが、結局ペトロ・ポロシェンコに敗れ美人すぎる大統領2期は実現しませんでした。

ペトロ・ポロシェンコ氏は、世界的知名度を持つウクライナの英雄ビタリクリチコ(ボクシングヘビー級元世界王者)が応援にまわったことも勝因となりました。

 

逮捕には日本も関与? 逮捕と釈放の理由

2011年に禁固7年の実刑判決を受け、更に2013年には殺人罪で起訴されるなど絶体絶命の窮地に陥っていましたが、さすが政治家、病気の治療を名目にドイツで釈放され、更に彼女と対立関係にあったヴィクトル・ヤヌコーヴィチが失脚し彼女は現在自由の身となっています。

逮捕された理由は、大統領時代に日本などから得た温室効果ガスの取引で得たお金を、私的な目的で使用した容疑のようです。

当時は拘置所生活のパフォーマンスが批判されることもありましたが、結局彼女はそのまま大統領の立場を追われています。

ちなみに当時彼女を陥れたとも言われていたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元大統領は現在ロシアに亡命し、禁固13年の刑で国際指名手配されています。ブラジルのフジモリ大統領もそうですが、大統領職を無事辞めることが難しい国もあります。彼女も逮捕されましたが、どこまでが真実なのか第三者にはわかり難い所があります。

 

旦那はイケメン実業家

旦那様はオレクサンドル・ティモシェンコ氏。1979年に結婚されており、現在も離婚などはしていません。

彼との結婚の後にティモシェンコ性となり、しばらくたった後に不正コビーのビデオレンタルなどのビジネスで成功(当時は著作権関係がユルユルでした)、商才を発揮した彼女は更にガス関連のビジネスでも成功し、ウクライナで有数の資産家となりガスの女王と呼ばれるまでになっています。ウクライナで地位のあった旦那さんとの結婚無くして彼女の成功もなかったことでしょう。ちなみにオレクサンドル・ティモシェンコ氏も卵養鶏場をや医療機器会社の経営者のようです。

以上ユーリヤ・ティモシェンコの現在についてでした。










-海外

Copyright© その後の現在 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.