消えた芸能人、引退したスポーツ選手、あの有名人の現在

その後の現在

お笑い芸人

スーパーマラドーナ武智の現在 謝罪後にも暴言…上沼恵美子との仲は

投稿日:

スーパーマラドーナ武智さんの現在について

スーパーマラドーナといえば正統派の漫才師として、4年連続でM1グランプリ決勝に進出するなど、遅咲きながら着実にその知名度を上げていました。しかしながらとある不祥事によってそのキャリアにケチが付いてしまいます。現在のスーパーマラドーナ武智さんや、コンビ仲など。

スーパーマラドーナ武智の現在

関西を中心に活動されており、2019年にはyoutubeチャンネルも開設されています。

↑ スーパーマラドーナのyoutubeチャンネル。

カジサックに続けとばかりに続々と芸能人がユーチューバーデビューを果たしています。素人と違い収益を事務所と分配するのが辛いところですが、カジサックによると吉本興業は8:2でタレント側が多く受け取ることができるようです。

(編集や企画を外注している方はそこから諸経費も引かれるはず)

現在の登録者数は2万人ですが、例えば所ジョージのyoutubeチャンネルが開始から1年ほど過疎過疎な状況から突如ブレイクしたように、彼らが大手ユーチューバーの仲間入りする可能性も0ではありません。

 

田中一彦の方が人気の理由

ツイッターでは武智さんがフォロワー数2万人弱、田中一彦さんが7万人弱と割と奮闘しています。

田中一彦さんは美人な嫁さんとの間に生まれたかわいい子供をうまく使ってファンのハートをキャッチしていました。

本来ならばネタ作りをしている武智さんにコンビ活動のイニシアチブがあるはずですが、度重なる武智さんのトラブルと、田中一彦さんの愛されキャラが浸透したことにより、コンビ間のバランスは現在はやや田中一彦さんに傾いているかもしれません。

テレビでのチームプレーと舞台での芸は全く別物で、例えばますだおかだも器用だった増田さんの方が露出が減ってしまいました。スーパーマラドーナは二人で売れっ子になって欲しいです。

 

上沼恵美子への暴言⇒謝罪⇒また暴言

武智さんは煽り耐性が低いのでSNSは向いていないかもしれません。

まず2018年のM1グランプリの審査を巡って上沼恵美子に対する暴言で世間からバッシングされてしまいます。以下その際のライブ動画。

久保田「何人見てる?」

武智「え、250です」

久保田「あぁ。映せ。あの、ほんとすません、酔ってるからっていうのを理由にしていいますけど
もうそろそろ辞めてください。審査員の方もまぁ嬉しいすよ皆さん1回劇場出てください。
ほんで自分目線の、自分の感情だけで審査せんとってください。
1点で人の一生変わるんで。理解してください。多分お笑いマニアの???は分かってますわ。
お前だよ。一番、お前だよ!わかんだろ?右側のな。くそが!流せ全部!」

久保田「和牛が3回2位獲ってるは、3回優勝してるから。糞ども覚えとけよ。ハードル上げんなよ。」

水田「温かく見てや~来年」

久保田「ガンガン目開けてみろよ。」

・・・

武智「分かってもらう。分かってもらう」

久保田「俺が思うにはええやん。その糞みたいなヤツがさ。」

武智「糞みたいなヤツが馬鹿みたいな事してね。」

久保田「滅茶苦茶申し訳ないけど、審査するってことはさ、演者と一緒で同じ熱量で点数同じだって思いたいやん演者やから。あんたがつけた点数とこっちが思った点数一緒でありたいやん。これが格差が生まれたら違うやん。それを、私が好き~とか言い出したらもう」
ガンッ!(テーブルを蹴る音)

武智「いや右のおばはんやん」

久保田「いやいやじゃなくて、すんません」

武智「いやでも、右のおばはんにはみんなウンザリですよ」

林「まぁでも暗いのよって言われたらじゃあ明るかったらおもろいんかっていう話ですよ」

久保田「そういうことや、ほんま」

武智「嫌いですって言われたら更年期障害かって思いますよね」

久保田「わたしも歳やからわからへん、知らんで!」

武智「自分の番組しかしてへんし。売れる為に審査員するんやったらやめてほしいすよね。自分が売れる為に」

更年期障害は相当な失言ですが、幸か不幸かとろサーモン久保田かずのぶさんがこの騒動の主役となっていたため、失言の度合いほど武智さんは叩かれてはいませんでした。

といっても上沼恵美子さんは当然頭にきたはずです。

謝罪を拒否し今の所はそれっきりです。

関西を活動の拠点としているスーパーマラドーナにとって、西の芸能界の重鎮上沼恵美子さんと当面共演NGとなったであろうことは、かなりの痛手になってしまいました。

 

謝罪するもファンから批判

武智さんも面白いですが、上沼恵美子さんはもっと面白いというのが芸能界や世間の評価でした。(松本人志さんも上沼恵美子さんを全面的に擁護していました。)

この暴言事件から1年以上たち、ようやく禊は済んだかと思いきや、武智さんが2度目の暴言事件を起こしてしまいます。

 

ファンに暴言

またも動画配信でやらかしています。

インスタライブをしていた武智さん、酒に酔っていたのか煽られたことが我慢できなかったようで、視聴者に対し「何の未来もないバカ」と言い放ってしまいます。

後日「そういう人間と捉えてください」と開き直りながら相方田中さんとの漫才で処理しようと頑張っていました。武智さんは舞台上ではかなり有能な芸人だと思いますが、SNSが不特定多数に開放されている危険なツールであることをイマイチ理解しきれていないのかもしれません。

そういう不器用ぶりは芸人らしくて個人的には好きなんですが、SNSに関してはあまり向いていない気がします。

 

ノンスタイル井上の当て逃げ事故に同席

ひき逃げと変わらないのではと批判された、ノンスタイル井上さんのタクシー運転手に対する当て逃げ事故ですが、助手席にはスーパーマラドーナ武智さんが座っていました。

この時は「当たった気がするが大丈夫か」と武智さんが止まるよう促していたとの報道もありましたので、世間的には大きな問題にはならなかったとはいえ、この時期はやっとスーパーマラドーナの露出が増えだした大事な時期で、やや不運なトラブルとなってしまいました。

 

コンビ仲

2007年に武智さんの厳しさに耐えられなくなった田中さんが逃亡し一旦解散。その後互いに別の相方とコンビ結成するもうまくいかず、再結成に至っています。

友人同士ではなくNSCで出会った二人ですが、知り合った当初はプライベートでも遊ぶなどいい関係が続いていたそうです。お笑いコンビは特殊な関係性と言われていますが、彼らの場合パワーバランスが武智さんに傾きすぎたことが一時的に不仲になった原因かもしれません。

奇しくも度重なる武智さんの炎上事件によって、パワーバランスは拮抗しコンビ仲は良好な状態を保っているように見えます。

 

スーパーマラドーナは面白い

漫才は本当に面白いです。

オーソドックスでソツのないネタは広く受け入れられますし、キャラクターの立っている田中一彦さんがいるおかげで、爆発力も兼ね備えています。

あとはテレビバラエティのパッケージに適応できるか否かですが、武智さんは機転が利くタイプなので、今後余計な問題さえ起こさなければ売れっ子になるだけのポテンシャルは持っているはずです。一度は解散しながらがんばってきたので、違いに良さを引き出しあいながら頑張って欲しいです。










-お笑い芸人

Copyright© その後の現在 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.